2014年7月16日

サプリメントの健康被害の危険性について

健康に効果があるものとして人気があるサプリメントは、たくさんの人に利用されているといいます。あまり品質の良くないものも、サプリメント商品の中にはあるといいます。単に健康のためにならないだけではなく、健康被害を起こしてしまうようなものもあるようです。

いくつか購入する時に気を付けるべき点があるといわれています。どんなサプリメントか購入するか決める場合には、販売サイトに記載されている広告内容や商品の説明文を見て、本当に購入するかどうか判断をすることが多いでしょう。気をつけたいのが、日本の法律ではサプリメントは医薬品ではなく健康食品であることです。病気に効くといった効能に関することは、表示してはいけない事です。もちろん法律に違反をしている会社のサプリメント商品のすべてが、健康を害するような粗悪品であるといっている訳ではありませんが、購入する際には誇大広告には特に注意するようにしましょう。多くの場合、サプリメントを選択するときには商品の価格を見て決めるのではないでしょうか。かならずしもそうであるとは言えないのが、価格が高いから質の良いサプリ、安いから悪いサプリメントであるということです。主要成分や原材料などの情報について、きちんと商品のラベルを確認することが不可欠ではないでしょうか。最近どんどんサプリメントを愛用する人が増えている中、健康被害を何の役にも立たない質の悪いサプリメント粗油品を買って受けてしまった人が現実的にいたといいます。多くのサプリメントが販売されている為に、どの商品を購入すればよいのか分からない場合も多々あります。健康のためにも消費者である私たちの知識が足りないことで、品質の悪いサプリメントを購入することがないように、前もって情報収集してしっかり判断できるようになりたいものです。