2015年7月22日

断食ダイエットの効果とは

断食を取り入れたダイエットの場合、ただ単に体重が減るだけでなく、他にもさまざまなメリットがあると考えられています。

断食によるダイエットをすることで、老廃物を排出するデトックスの作用もあります。

人間の体は、食べたものからエネルギーや栄養素を得ています。

そして、食べてから焼く18時間後に、不要になった成分を体の外に出します。

体重の推移は、1日にどのくらいのカロリー摂取をしているかと、1日にどのくらいのカロリー消費が行われているかという点のバランスが重要になってきます。

運動することが少ない生活習慣の方の場合、食事で摂取したカロリーをその日のうちに使い切れないことになってしまいます。

利用されずに余ってしまったエネルギーは、おいそれと排出する事はできません。

使い切れなかった残留カロリーは、時として体にダメージを及ぼす原因ともなりかねません。

ダイエットに断食を利用することによって、体内に残っていた老廃物や毒素を一掃し、体外に追い出すことができるため、デトックスに効果的だといいます。

食べもの消化するのに酷使し続けてしまっている内臓に、休息を与える効果というのも、断食を用いたダイエットにはあるといえます。

胃腸で消化吸収するのに負担がかかる食品を頻繁に食べている場合だと、胃腸が疲労して消化する働きが低下する可能性があります。

ダイエットのために断食をすれば、当然のことながら減量効果が期待できるばかりでなく、使い続けている胃腸を適度に休ませることができるというわけです。

断食期間終了後には体重が落ちているのはもちろんですが、お腹の調子が良くなっていることも実感できるはずです。